名古屋激呑魂

呑みゲーターGO!が行く 名古屋激呑魂 Vol.40

名古屋激呑魂 Vol.40
(2016年3月4日)

今回のソウルメイト ( 激魂人 )
有限会社マサル産業 代表取締役
加藤 かをり 氏
今回のスタジアム ( 激呑場 )
愛知県碧南市白砂町
たか瀬

店舗外観

毎夜賑わう名古屋の酒場。酒と人情をこよなく愛するあいつが、今宵も出現!仲間と酒を酌み交わしつつ、何やら激しい魂のぶつかり合いが始まる予感。さて今夜のお相手は一体・・・。

本日の激呑場(スタジアム)は名古屋の南東。知多湾のすぐ近く碧南市「たか瀬」。
釣り人にも評判の刺し盛りを肴に迎えるゲストは各展示会では必ず人だかりができるメガネ鼻パッド「モチアガール」を開発・販売を手がけるマサル産業代表加藤氏。自動車部品が中心のゴム産業に新しい風を吹き込んだ加藤氏の波乱万丈な人生をクローズアップ!

■ 目次
登場人物
加藤かをり彰氏
加藤かをり氏
愛知県碧南市出身。23才で結婚を機に義父の会社で事務員として働く。2児を育てながら、経理など経営の中核を担う。
平成24年取引先だったゴム製品メーカー有限会社マサル産業の代表取締役に就任。ゴム、シリコンの開発技術のノウハウを生かし、つけまつげ・まつげエクステンションがメガネのレンズにあたる不快感を解消する「モチアガール」を開発。2014年9月の美容系の展示会への出展を皮切りに現在は通販を中心に販売。メガネレンズメーカー、美容業界・工業系への展開も進行中。
呑みゲーターGO!
呑みゲーターGO!
株式会社ジーワークス代表取締役。
焼き鳥とワインをこよなく愛すアッシュ系IT社長、柏樹剛。「楽しく呑んで思い切り仕事をする」をモットーに日々を生きる。自らの原点でもある「呑みにケーション」をもっと広める為に、「呑みゲーターGO!」として活動中。酒場での様々な出会いと人間ドラマをこよなく愛す。
謎のくま
謎のくま
呑めないのにいつも酒場にいる謎のくま。最高記録は白ワイン3センチ。好物はルイボスティーとイカの黒づくり。
今回のGO'sスタイル 東別院 美容室PLUS GO'sスタイル 東別院 美容室PLUS スタイリスト ボンバー
街かど呑みゲーター‘s
  • モモガッパ(栄・錦)
  • モツ鍋ビストロQ(栄・錦)
  • モツ鍋ビストロQ(栄・錦)
  • なにはともあれ黒川店
  • 魚椿 栄店
  • ももまる(栄・住吉)
  • ブタガッパ(名駅南)
  • 炭火やき鳥 豆鳥(鶴舞)
  • えんそば錦二丁目店
  • クラフトビール ヒンメル(今池)
Round1
すらりと長身のクールな雰囲気の女性社長加藤氏。呑みの失敗談では意外な素顔が。

ラウンド1:すらりと長身のクールな雰囲気の女性社長加藤氏。呑みの失敗談では意外な素顔が。


「たか瀬」さんはマサル産業のすぐ近くの地元の人気店

今回のゲストはメガネ用鼻パッド「モチアガール」を商品開発された有限会社マサル産業の代表取締役加藤かをりさん(以下、かをりさん)です。今日はよろしくお願いします。
よろしくお願いします。
G
この前の経営者同士の呑み会以来ですね。普段はこのあたり(碧南市)でよく呑むんですか?
いえいえ、もっぱら家呑みです。こちらの「たか瀬」さんはお昼のランチでよく伺います。お魚がとっても美味しいんです。

「たか瀬」さんはマサル産業のすぐ近くの地元の人気店

G
確かにお刺身がプリプリで美味しい~!毎日でも呑みに来たいお店ですね!

星を見上げながらお酒を楽しみたいですね

現在、家を建てているとお聞きしましたが、家呑みが多いとお酒を呑むスペースもあったりするんですか?
あります、あります。このあたり建物が高くないので星空がよく見えるんです。で、ロフトを作って上に大きな窓をつけて、星を見上げながら呑めたら最高かなと。
いいですね~!

星を見上げながらお酒を楽しみたいですね

G
家の中に自分だけの呑む場所を作るって楽しそう!お酒も常備されているんですね。おつまみは作ったりするんですか?
おつまみとかいらないんです。「ただひたすら呑む派」(笑)
G
おお、クール、かっこいい。(笑)

呑むと大胆な行動をとる加藤氏

すぐ眠くなっちゃうんですけどね。
G
わかる!家だとリラックスしているせいか、俺も家呑みだとビール1本で寝ちゃいますよ(笑)
かをりさん、呑みの失敗談とかはあるんですか?
ありますよ~。私、外で呑むと、会が終わった時点で気持ちの糸が切れちゃうんです。「じゃあ、さよなら」って言ったらもう正気を保てない。 家に帰って朝起きるまでのこと、何も覚えてないんです。次の日、娘に「母さん、玄関にブーツ挟まってたよ」って言われたり…(笑)
あはははは。
G
ちゃんと脱ぐだけ立派!不用心ですけど!たぶん酔っぱらっててブーツが脱げなくて玄関で「脱いだ」というか「挟んで抜いた」んですね(笑)

呑むと大胆な行動をとる加藤氏


自分でもびっくりしました!!

呑むと足むくみますからね~。
後は友人と呑んでいる時、食べずにひたすら呑んでいたんです。帰りに送ってもらう時に、あと1kmで家ってところで「ぴゅーーーーーー」って口から液体が飛び出てきて…
※食事中の方ごめんなさい…m_m
G
ああ!マーライオン!!(爆)
「気持ち悪い」とも、「停めて」とも言わず、前触れもなく「ぴゅーーーーー」って液体を吐いたので運転していた友人がすっごく驚いていました。 吐いた自分も驚きましたが(笑)
G
あはは!それは驚きますよ!結構やらかしちゃってますねぇ~~(笑)

自分でもびっくりしました!!

Round2
お酒が弱いかと思いきや、20代では酒豪だった?青春時代からゴム会社を買うに至った運命の決断まで。

ラウンド2:お酒が弱いかと思いきや、20代では酒豪だった?青春時代からゴム会社を買うに至った運命の決断まで。


20歳でブランデーをロック。早熟すぎる呑兵衛の歴史

それじゃ、呑み会がない限りあまり外では呑まないんですね?
いえ、昔はかなり呑んでましたよ。私、碧南の出身なんですけど、その頃自宅から自転車で行ける範囲におしゃれなカフェバーがあって、そこにはよく通ってましたね。1人でブランデーをロックで呑んでました。
G
それ、幾つくらいのことです?
20歳位かな?大人の気分を味わいたくて。私、10代から割と年上に見られていて、童顔の友達と一緒にいると母親に間違えられていたぐらい(笑) その頃も20歳とは思われてなかったんじゃないかな。ヘネシーのボトルとか平気で入れてましたから(笑)人生で一番、お酒にお金をつぎ込んでいました。
それがいつまで続いたんですか?
22歳ぐらいですかね。

20歳でブランデーをロック。早熟すぎる呑兵衛の歴史

G
早っ!早熟な酒呑みですね。そして、カフェバー時代の後はディスコ…(笑)そう言えば、かをりさんバブル世代!華やかな時代ですね~。
そうそう。

俺は殴られても一緒に呑むよ

今でも踊れますか?
踊れないでしょーーー!(笑)
G
背もスラっとして華やかですし、声かけられたりしませんでした?
なかったですねぇ。姉御的なキャラだったんで、声かけたら殴られそうって思われてたんじゃないかな。
G
あははは、マジで!?(笑)

俺は殴られても一緒に呑むよ

で、その頃主人と出会って結婚して、子育てしながら、主人の兄の会社の経理を手伝ってたんです。
その頃は現在のゴム会社の社長になることは想像していました?
想像していませんでした。ただ、その頃からパソコンの導入を義理の父に進めたり、割と口を出させてはもらっていました。 そうするとパソコン触れるのは自分だけなので、出産してもすぐに出社みたいな状態で(笑)
G
自然に経営をする側になっていったんですね。

意外にも!?姉御肌で背おっちゃう加藤氏

そうですね。そして、少し会社の状況が悪い時期もあって不安に思っていた時に、取引先だった今の会社(有限会社マサル産業)を買わないかという話が転がり込んできたんです。
G
ふむふむ。
景気も良くないのにとんでもない、と周りが言う中で「大手企業との取引口座」を持っているマサル産業に私は可能性を感じたんです。 そんなの小さな会社が簡単に作れるものじゃないですから。もちろん生活をなんとかしなきゃっていう思いもあって、じゃあ私がマサル産業を買いますと言ったんです。

意外にも!?姉御肌で背おっちゃう加藤氏

ご主人は反対されませんでした?
反対はしなかったですね。やってみればいいじゃん、と。
G
もうその頃には会社を経営するという基盤がかをりさんの中にはできていたんですね。 すごい流れ!家族で経営している中で手伝っていた奥さんが、会社を買うってなかなかないですよね。
そう、でも大きな決断なのでハゲましたけどね。

重要な決断に10円ハゲはつきもの??

ええーーーー!?
髪の毛で隠していたんですけど、その頃おっきな10円ハゲがいくつも出来ちゃって。
今は大丈夫なんですか?

重要な決断にはハゲはつきもの??

しばらく治っていたんですけど・・・。実は今建ててる家は、人生で2軒目の家なんです。これからだと50歳からローン組むことになるじゃないですか。 それも迷って迷って迷って。そしたらまた10円ハゲができたんです。やっぱり人生の大きな決断の際には、ハゲるんだなと思いましたね(笑)
G
あははははは。
そんなつもりはなかったのにゴム会社を買って、2軒目の家も建てて…。本当に人生は小説より奇なり、だなと。
Round3
会社の運命をを変えた新商品「モチアガール」。メガネのちょっとした不快感を解消する便利グッズ。その誕生秘話にせまる。

ラウンド3:会社の運命をを変えた新商品「モチアガール」。メガネのちょっとした不快感を解消する便利グッズ。その誕生秘話にせまる。


経営者にとっては一番つらい出来事

ではそろそろ「モチアガール」の誕生秘話を伺いたいと思います。
※「モチアガール」マサル産業開発のまつげがレンズにあたるのを防ぐメガネ鼻パッド。現在は通販などで販売。。
きっかけはマサル産業の取引先がゴム部品の海外調達に移行していったことがきっかけです。売り上げが減っていく中、従業員を抱えて私は何をやったら良いんだろうと頭を悩ませていました。長く働いていた従業員の方に辞めて頂いたりとつらい決断もあった時期でした。
G
それはつらいですね…

経営者にとっては一番つらい出来事

下請けオンリーからなんとか抜け出したくて、自社商品を開発することにしたんです。自社製品なら誰にも気兼ねなく売り込めると。
そこから美容系の商品開発にどう結びついて行ったんですか?
ある日マツエク(マツゲエクステンション)を付けて家に帰って、化粧を落としたんです。で、メガネをかけるとレンズにマツエクが付いて、とても不快感があるんです。 1ヶ月我慢したんですが、どうにも気持ち悪くてメガネを買い換えたんです。
うんうん、ありますよね。
この悩みはきっと自分だけじゃない!って。この悩みを解消してくれる商品があったらきっと売れる。思いついた頃は従業員の立場だったので何もしなかったんです。 でもゴム会社の社長になり、それも業界の中では珍しい女性。これは話題性もあるし「やるしかない!」と思ったんです。社内に金型から商品を一から発注するシステムがあったことも幸運でしたね。
G
まさに「モチアガール」が誕生した瞬間!

会社の運命を変えた新商品「モチアガール」

そう、鼻あてに貼るとメガネが持ち上がって、まつげがつかないから「モチアガール」。最初は美容系の展示会にドキドキしながら出展しました。 でも出展すると反応が良くてサンプルがすぐになくなっちゃったんですね。「これはいける!」と確信した瞬間でした。

会社の運命を変えた新商品「モチアガール」

G
すごいですよね。展示会でも人気だそうですね。
そうなんです。男性用のモチアガールが人気なんです。広間の展示会(ものコン http://anjo-cci.or.jp/monocon/)でも男性に沢山購入してもらいました。 中には会社で安全メガネを多用するからまとめて買いたいって方もいました。
次はどんな展開を想定されていますか?
今日の展示会でも海外販売の話も出てきたので、もっともっと世界に「モチアガール」を広めたいです。メガネは世界中で使われていますから。
G
確かに!メガネは万国共通。俺もつけてみようかな。こうメガネはずすでしょ…

え?俺やっぱり顔薄い?

……。GOさん、メガネを取ると顔薄いですね。
G
ほんと顏薄いんだよね… っておいっ!(笑)
実は俺、メガネを外して鏡見ると、なんか物足りないって思うんですよね。初めてコンタクトを付けた時は、目元が寂しいし、顏が薄っぺらく見えるから、必要ないのにPC用のメガネかけたくらい(笑)

え?俺やっぱり顔薄い?

あはははは。
G
呑みゲーターはメガネがないと顔が落ち着かないんです!実はメガネなしの呑みゲーターも過去にはあるんですけどね…(笑)
下着を履き忘れた時と同じような感じですか?
G
そう!も~なんか恥ずかしくなってきた。もう次の店行きましょう!次の店!
ワインのお店に行きましょう。甘めの赤ワインで。
G
いいですね~♪レッツGO!

「まつげ」に着目して開発された「モチアガール」。 世界で使われている「メガネ」の使用率の高さを背景に反響は広がるばかり。商品開発において同じことを考えてはいても「やる」ひと「やらない」ひと。その2つには大きな違いがある。女性ならではのしなやかな発想、社員をやる気にさせ引っ張り続ける姉御肌を武器に製造業の新たな道を切り開く。

呑格言
私の呑格言
加藤かをり氏から頂戴しました!
今回の呑格言は…
加藤かをり氏
「 出来ないと言わない!! 」
呑格言

有限会社マサル産業 代表取締役 加藤かをり(かとうかをり)氏

 所在地
〒444-1213
愛知県安城市東端町南用地65番地
電話番号
0566-92-1338
FAX番号
0566-92-1105
URL
http://masaru-sangyo.co.jp/
 モチアガール公式サイト
http://www.mochiagirl.com/
 キャップ・ カバー.com(オリジナルゴム製品発注サイト)
http://cap-cover.com/

今回のスタジアム(激呑場)
今回のスタジアム(激呑場)

魚と貝料理 たか瀬

釣り好きな主人がつくる海鮮料理が評判。常連の地元民のみならず、有名人もたびたび訪れる有名店。名物は新鮮で種類豊富な刺し盛り、海鮮丼、釜飯など。

店舗外観


(上段)左から、呑みゲーターGO
加藤かをり氏、
(下段)左から、スタッフさん
たか瀬大将、常連さん

所在地
〒447-0076
愛知県碧南市白砂町2-30
電話番号
0566-46-0778
営業時間
昼/11:00~14:00 夜/17:00~22:00(L.O. 21:30)
定休日
毎週水曜日、第3水・木曜日
アクセス
名古屋鉄道三河線 北新川駅から2,121m
URL
http://aichi.j47.jp/takase/

街かど呑みゲーター®‘s
名古屋激呑魂Facebook